山で暮らせば・・・ブログ

上高地の山荘での暮らし、山を想いながらの街での暮らし、山歩きのことなどをゆっくりと書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るかったろうそくの光(2)

テレビやインターネットの代わりに、電池式の携帯ラジオが頼りだった。
台風が遠ざかっていることが分かっただけでも有難かった。
ラジオが娘にはかえって新鮮で面白かったようだ。耳元に当てて昔話の番組に聞き入っていた。

炊事はガスコンロなので問題なかった。
吹き返しの風に備えていた雨戸を、細く開けた窓際に食卓を移したが、それでも薄暗かった。
そこで台所や洗面所からろうそくを集めると、思いのほか明るくなり、気持ちも落ち着いた。温かい食事は身にしみた。

電気への依存の大きさを再認識したのはもちろんのこと、そんなことにも気づいた1日だった。


ちなみに、赤ん坊のおむつ替えには登山用のヘッドランプが役立った。
頭で光の向きを変えられるし、両手が使えるのが有効だった。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

明るかったろうそくの光(1)

先日の台風18号の通過の日、長時間の停電に直面した。
風や雨の音で眠れない夜だったが、ふと明け方気づくと真っ暗で、そのうち復旧するだろう期待したが、そのまま朝になった。
照明はもちろん点かないし、暖房は燃料が灯油やガスであっても、ファンヒーターのため動かなかった。懐中電灯でろうそくをひっぱり出し、半ば飾りとなっていた薪ストーブに、わずかに残っていた薪を燃やして暖をとった。

子供は意外とたくましいもので、保育園を休んだあっちゃんは窓際に明かりを求めてお絵かきをしていたし、1歳のなっちはいつもと変わらない様子に見えた。
ただ、あっちゃんも停電と分かっていても、トイレに入るときに照明のスイッチを押したりと、普段の動きがしみついていて、冷蔵庫を開けっぱなしで飲み物を探して、かみさんに強く叱られていた。

山間部のため買い物もひと苦労なので、細心の注意を払っていたためだ。
子供にはかわいそうだったが、おかげで何一つ腐らなかった。冷凍庫の中のものも解けずに済んだ。うっかり開けないよう、扉をテープで止めたかみさんのアイデアも良かった。 (続く)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

枝をもっていたら…

IMG_4102_1.jpg
「なんか……、ぼうもってたら、とりがとまるかもしれない」

梓川の河原で、ちょっと大きめのきれいな色の鳥と追いかけっこしていて、見失ってしまった時の秘策であった。

2009年上高地、穂高の紅葉 10月1日~9日

10月1日、徳本峠から明神岳、穂高岳の山稜を望む。
IMG_4237_1.jpg

10月3日、奥穂高岳と岳沢。
小梨平の梓川のほとり、お気に入りのところから眺める。
山好きの仲間とコーヒーのひととき。日差しはあるが、風は冷たかった。
IMG_4303_2.jpg

10月4日、夕映えの六百山。
IMG_4319_3.jpg


10月9日、台風18号が通り過ぎた翌朝。
雲の切れ間に見えた穂高は白くなっていたような……。
IMG_4347_4.jpg

焼岳の山腹も淡くやさしい色に変わってきた。
IMG_4358_5.jpg

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。