山で暮らせば・・・ブログ

上高地の山荘での暮らし、山を想いながらの街での暮らし、山歩きのことなどをゆっくりと書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬の白いお花畑

真冬の白いお花畑1

先週末、霧ヶ峰で出会った真っ白に輝くお花畑。
その正体は大きな大きな霜柱だった。

真冬の白いお花畑2

1月半ばを過ぎてぐんと寒さが厳しくなったが、それまでが暖かすぎて、ようやく本来の冬になっただけかもしれない。
この日の朝、霧ヶ峰は零下15度まで下がったとのこと。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

高ボッチ山

高ボッチ山は諏訪盆地と松本盆地を分ける山脈にあります。
諏訪の平から見ると、そこだけ草地になった丸くなだらかな頂上が特徴の山です。

1週間前にこの山に登った時のことを、一緒に登った友人が「新まつもと物語」のプログに掲載しました。私も一部書いています。

本当は北アから、中ア、南ア、八ヶ岳、遠く富士山までの展望がすばらしい山なのですが、この日は残念ながらぼやけていました。その代わり樹氷がとてもきれいでした。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

塩見の青山さんが「小さな旅」に出ました

昨年、NHKの「小さな旅」で塩見岳がとり上げられました。山の歌シリーズの「にぎわいと静寂-南アルプス塩見岳」というタイトルです。

実際にいつ放送されたかは聞いていませんが、塩見小屋の青山さんからDVDを借りて見ました。彼は私が山を始めたときからの仲間です。

最初のシーンは、塩見岳をバックに塩見小屋の前で登山者がくつろいでいるシーン。出だしからいいなあと思い、引き込まれました。その後も次から次へと美しい景色が映し出されました。すぐにでも行きたくなります。

そして、青山さんのシーンもとても良くて、しっかり「若主人」になっていました。
山小屋に夢をもって、お客さんのために一生懸命やっている姿に好感をもった人も多いと思います。
貫禄では後半に出られた先代の河村さんに負けていましたが。
(河村さんご夫妻は自分たちの力で小屋を建て、青山さんに引継ぐまでの長い間小屋番をやっていた方、引継いでからは小河内岳避難小屋管理人に)

青山さんは緊張していたし、訥々とした話し方でしたが、話しそのものよりも水場でポリタンクに水を汲んで担ぎ上げる場面や、真っ暗なうちに起きて弁当のいなりずしを作る姿が、言葉以上のものを語っていました。

小屋番の端くれとしては、いやー、正直うらやましい、と思いました。
でも、小さい小屋ながらも彼の立場は経営者。苦労も多そうです。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

シンプルでしなやかな

simple and flexible
シンプルでしなやかな


ここ3、4年、日々の生活をはじめ、なにか行動するときの基準になっている。
気がついたらそうなっていた。

それはもちろん自ら求めてそうしているものであり、
また、必要に迫られてのものでもある。

会社勤めを辞めて、質素な生活にならざるを得ないともいえる。

でも、これはこれでなかなか心地が良い。
暮らしの隅々までわり合い手応えがある。
大量の情報やモノで、頭も体も大きく重くなってしまいがちだけど、
シンプルに暮らしているから見えてくるものもある。

まあ、自分は大物でない、ということを恥じもなく言っているだけかもしれないが。

だからこんなこと、今まで大きな声では言わなかったけど、
今年はもうちょっと声を大きくして言ってみようかと思う。

既に実践している人はずっと前から分かっていることだし、
一方、興味のない人にはやっぱりつまらないことだろうけど。
まあ、ちょっとずつ。

みちのまんなか はしってるよ

あっちゃん、テレビを見ていてポツリ

「おにいさん いけないねえ」

「おにいさん みちのまんなかはしってるよ」

いったい何のことかと思ったら、
画面では箱根駅伝をやっていた。

たしかに道のど真ん中、白バイや車の間を走って、よくひかれないもんだわ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。